エクセルでSalesforceのデータを更新がらくらくな機能

去年リリースをした中でダントツ人気の「らくらくExcel」

昨年開催されたSalesforce World Tour Tokyo 2019に向けて開発・リリースをしたらくらくExcelはOPROARTSの1機能として拡充されたものですが、イベント当日もExcelのチラシだけが一気になくなり慌てて増刷したほどでした。

当時のプレスリリースはこちら

機能もなかなか便利なものですので、改めてブログでご紹介させて頂きます。



らくらくExcelとは?

Salesforceへの入力をExcelを使って行うものです。

SalesforceのLightningの画面でたくさん項目があるのをみて「えーっ」ってなってしまう方にはエクセルの入力・更新だけで良いという機能です。

rakuraku_excel_image.png

何が便利なの?

便利な点は以下の3つです。

    1. 使い慣れたExcel操作のみでSalesforceへのデータ登録が完結
    2. アルバイトでデータエントリのみなど一時的な作業をするだけの方にSalesforceの細かな権限設定が不要
    3. 今まで利用していてマクロが組まれているようなExcelシートからでも入力・更新が可能

特に3つ目のマクロが入ったExcelでも大丈夫というのは、よくあるケースとしてライセンスの発注と同時にお客様に契約窓口、サポート窓口、契約内容などを入力頂くようなシートがあった場合、Salesforceに転記するのは非常に面倒だと思います。

らくらくExcelがあれば、そのシートを1ポチでSalesforceに同期をすることが可能です。
ちなみに弊社でもライセンス登録用紙で活用しています。



さらに便利な双方向の活用

OPROARTSの出力機能と併用するとSalesforceのデータをExcelの帳票としてダウンロードが可能ですので、双方向のデータのやりとりができます。

oproarts_rakuraku_image.png

更に詳しい仕組み・設定イメージ、メール配送のイメージついては、弊社のテクニカルサイト「TECH COLUMN」にてご紹介しております。

TECH COLUMN

OPROARTSをご契約のお客様は弊社テクニカルサポートでのQAも承っておりますのでご安心ください。



この機能を実現するために必要なサービス

※Salesforceの設定等はSalesforce導入パートナー様にて対応頂く形になります。

 

導入難易度 ★

 

前へ

kintoneからBoxにファイルを保存する

次へ

Salesforceから作成した見積書をPardot経由でウェブ配信する