Salesforceから見積書・請求書の電子配信

在宅勤務で課題となる営業業務

コロナの影響でどこの会社も在宅勤務をされているかと思いますが、営業の業務で困るのは取引に必要な見積書や請求書などの電子化です。

Salesforceを導入していてもお客様への請求書は別のシステムで運用していたりしませんか?

セールスフォースから請求する

例えばSalesforceを利用しているのに請求書はエクセルで打ち直すとか、別のソフトを利用しているとか。また、請求書までSalesforceで出せるようにはなっているけど毎回印刷して郵送しているケースなどアナログの運用が残っているケースも多いかと思います。

私自身、Salesforceを導入した当初は販売管理のパッケージが別にありましたので、顧客情報はすべてSalesforce上にあるのに、見積・請求などはすべて打ち直しをしていました。

従来の毎日オフィスに出勤スタイルであれば、請求書を出す複合機も郵送の環境もありますが、在宅勤務の働き方が入ってくると、この業務をするためだけに出勤しなければならなくなります。



1ポチで配信まで完了する仕組みあります!

弊社のクラウド帳票サービスOPROARTSとオプションのドライブストレージをご契約いただくと以下の処理を1ストップで実行することができます。

  1. Salesforce上から請求書送付などのボタンを配備しクリックする
  2. PDFで請求書が発行されそのファイルがローカルではなくストレージに保存される
  3. 保存されたファイルのウェブURLが作成される
  4. Salesforce上の取引先責任者など設定された宛先に請求書のURLが自動でメール送付がされる
  5. パスワードを設定してある場合はランダムパスワードも別メールで通知される

以下が実際の配信イメージです。個別でも一括でも送付することが可能です。

oproartsdrive.png

更に詳しい仕組み・設定イメージ、メール配送のイメージついては、弊社のテクニカルサイト「TECH COLUMN」にてご紹介しております。

TECH COLUMN

OPROARTSをご契約のお客様は弊社テクニカルサポートでのQAも承っておりますのでご安心ください。



この機能を実現するために必要なサービス

※Salesforceのご契約は弊社と関係なくお付き合いのある会社様からの購入で問題ございません。

導入難易度 ★★☆☆☆

 

すぐに導入頂ける導入支援パックを用意しました!

solution_billing_s.png

在宅勤務スタイルへのシフト、電子化のお問い合わせは非常に多く弊社も迅速にお手伝いすべく設定サービスも含めた安価な設定サービスをご用意しました。以下のスケジュールでご紹介ウェブセミナーをやっておりますので、是非ご参加ください。

こちらのセミナーですが、弊社にて設定支援させていただくパックが機能限定的ではあるもののかなりお得にご導入頂けます。是非ご参加ください!

前へ

Salesforceから作成した見積書をPardot経由でウェブ配信する

次へ

ソアスク@リリース、Salesforce上にマルチ配信アプリ登場