ソアスク@リリース、Salesforce上にマルチ配信アプリ登場

soascat_ba.jpg

本日の発表となりますが、新しいSalesforce AppExchangeアプリソアスク@(ソアスクアット)を<コクヨ株式会社様と共同でリリース致しました。

Saleforceから請求書をワンクリックでマルチ配信
ソアスク@(ソアスクアット)を提供開始
~ソアスク×@Tovasで在宅勤務でも請求や受発注の処理を可能に~

プレスリリースはこちら

今Salesforceをご利用の方は、このサービスを活用することによりアプリのインストールと設定だけで帳票データ出力、そしてWeb配信/FAX送信/郵送配信がSalesforce上から実行できるようになり、請求等の事務処理がぐっと楽になります。

soascat_map.jpg

導入のメリット

  1. AppExchangeなので個別のSalesforce開発不要。インストールと設定で導入可能
  2. 今お使いの請求書などの帳票フォーマットをそのまま利用できる
  3. 通常はまとまったロットが必要な郵送代行が小ロットからでも利用可能

オプロでは従来よりOPROARTSにてSalesforceから郵送やFAXのサービスに繋げるご支援をさせて頂きましたが、個別にお見積りするケースが多く検討しづらい状況にありました。

ソアスク@はSalesforce上にインストールできるAppExchangeアプリになっていますのでセットアップはアプリをインストールしてベースの連携が整ったところから送付したい請求データなどの項目設定を行うことができます。

利用のイメージは?

配送したいデータがあるオブジェクトにアクションボタンを設置します。

soascat_blog_ba.jpg

導入環境について

導入環境は以下になります。AppExchangeの導入が初めてという方にはもう少し詳しくご説明も必要ですが、今ご利用のSalesforceライセンスに追加するようなイメージです。

  • Salesforce Enterpriseエディション以上
  • 既存のSalesforce環境の一部のユーザに権限として割当て

ソアスクとの関係性は?

Salesforce上で利用できるサブスクリプション管理のソアスクはベースが販売管理システムですので、見積りや請求といった受発注処理を必ず行います。よってソアスク@も一緒にご利用頂くと配送する先までパッケージとして設定ベースで導入ができますので、便利ですし価格設定もお得になっています。

また、ソアスクにはOPROARTSも標準でバンドルしていますので、配送以外の出力、電子契約やOCRの各種サービスとの連携もご利用頂けます。
是非一緒にご検討ください。

ソアスクのサービス紹介はこちら

ソアスク@に興味がある方は

サービス紹介セミナーを開催します。私吉田がご紹介しますので是非ご参加ください。

  • 6/1(月)14:00〜
  • 6/11(木)11:00〜
  • 6/19(金)11:00〜
  • 6/26(金)11:00〜

会場:オンラインセミナー(Web)
セミナー詳細ページ:https://www.attovas.com/event
※約40分前後の開催を予定です。

サービス紹介ページ:https://www.attovas.com/soascat/

前へ

Salesforceから見積書・請求書の電子配信

次へ

【サブスク】Salesforceで売上を月額で按分させるには?