宇宙とサブスク~Salesforce AppExchange Summit 2021~

sfdc_summit2021_ba1.jpg

こんにちは、マーケティング部の麻生(有)です。

オプロは、2021年8月27日にオンラインで行われたセールスフォース・ドットコム社主催のイベント「Salesforce AppExchange Summit 2021」に協賛し、AppExchangeパートナーとしてセッションを行いました。

★登壇したのはこの人⇒オプロ屈指の宇宙大好きスペースボーイ「吉田 順一」★

リアルタイム配信を見逃した方も大丈夫!
「Salesforce AppExchange Summit2021」はオンデマンド配信でご覧いただけます。
https://appexchangejp.salesforce.com/mktcollections/curated/appxsummit2021_ondemand
※2022年2月28日まで視聴可能

オプロセッション

そして、オプロセッションのタイトルはこちら↓↓↓↓↓

衛星情報をサブスクモデルで提供、海外展開にも対応した管理の仕組みとは?.png

「衛星」「サブスク」「海外展開」というパワーワードがちりばめられていますが、タイトルだけじゃない!中身もわくわくする内容になっています!ぜひオンデマンド配信をご覧いただきたいのですが、こちらでさわりだけお話ししますね。
本セッションの内容は、ソアスクをご導入いただいたお客様「株式会社Synspective(読み:シンスペクティブ)」(以下 Synspective)の導入事例です。

Synspectiveってどんな会社?

Synspective様は、内閣府が創設したプログラム「ImPACT」の成果を応用した「小型SAR衛星の開発・運用と衛星データを活用したソリューションサービス」を提供している宇宙ベンチャー企業です。

小型SAR衛星ってどんな衛星なの?

SARは「サー」と読みます。衛星画像の種類っていくつかあるんですが、その中でSARセンサーが搭載されている衛星です。SARという技術が使われていまして、それにより地表の変化を観測できるんです。地表の変化、つまり地盤の沈下や隆起を観測することで、建築物や道路を建設する際に建設に適応できる地形か判断したり、自然災害の事前予測に活用したりできるようになります。ちなみに、Googleマップでは光学センサーが搭載されている衛星画像を使って地表の様子を観測しています。(って教わりました!初めて知った!)

Synspectiveが提供するサブスクサービス

ここからが本題。Synspective様は自社でも小型SAR衛星を打ち上げています。そしてそのデータやデータを活用したソリューションをサービスとして提供しています。サービスを受ける企業は、衛星情報を見ることができるエリアの範囲や、データ提供される頻度によってプランを選ぶことができます。発足当初は企業のプロジェクト毎にソリューション提供を行っていましたが、もともとサブスク提供を見据えての事業展開をされており、本格的にサブスク提供が始まりました。

わたしたちの身近なサブスクだと月額980円!とかですよね。でもSynspective様のサービスは月額7桁・・・!いろんなサブスクがありますね。

サブスクサービス提供における課題

そんなSynspective様がお持ちだった課題はこちら

  • サービス提供形態スポット販売からサブスクになり、契約の管理がExcelではまかないきれない不安が出てきた・・・
  • 海外展開していくにあたり、帳票も英語対応が必須!
  • 見積出力のワークフローに、「最終承認=押印」の処理を組み込みたい!
  • 先に導入していたSalesforceの定着化を強固にしておきたい!

この課題をどのように解決したのか!?気になりますよね!
結果を見たい方、ぜひオンデマンド配信をご覧ください!

リアルタイム配信を見逃した方も大丈夫!
「Salesforce AppExchange Summit2021」はオンデマンド配信でご覧いただけます。
https://appexchangejp.salesforce.com/mktcollections/curated/appxsummit2021_ondemand
※2022年2月28日まで視聴可能



おまけ

この夏、スカイツリーのソラマチで開催されたイベント「Society5.0科学博(2021.07.15-09.05)」に行ってきました!特設パビリオンにはSynspective様の展示もあり、社会を見守る新しい宇宙(そら)の「眼」として模型が飾られていました。

サビ研:Summitレポート.jpg

この模型、なんと1/10サイズなんです。見た感じ30センチくらい。つまり本物も3メートルくらいのサイズってことですよね。衛星がこんなにコンパクトなものだとは!小型になることで、コストを抑え開発期間も短縮できるのだそう。ビジネスの幅がより広がりそうですね。

僭越ながらも、オプロが社会貢献されている企業を支えているんだな~と感動しました!

次はどんなお客様と出会えるのか、とても楽しみです!

それでは、また!

業務に活かせる無料資料をこちらからダウンロードできます!

BtoBサブスクビジネス 管理システム選定のポイント

img_useful.png

BtoBのサブスクビジネスの課題となる料金体や請求のタイミング、再販のモデルなどの管理の課題解決をホワイトペーパーでご案内しております。

前へ

PowerPointの出力ができる!画像にも対応した日本初の機能!

次へ

パートナー様向けサイトを公開しました