OPROARTSで帳票を作るにはどんなスキルが必要?

oshiete_oproarts_topba.jpg

皆様、こんにちは!

技術支援担当の高橋です。

たまにご質問で、「帳票を作るのにどれくらいかかるの?」と聞かれることがあります。
う~~~~ん・・・ものによる。

それと同時に「どれくらいのレベルが必要ですか?」とも...。
あ~~~~~・・・システム管理者...?

この記事ではこの疑問への答えのヒントを出すべく、必要なスキルと帳票開発の工程を書いていきたいと思います。



帳票を作るのに必要な知識

Salesforceと連携した帳票を作るには、最低でも以下の知識が必要です。

  • オブジェクト
  • レコード
  • 項目
  • 参照項目
  • 主従関係

この単語を見て、「理解している、問題ないぜ!」という人は知識としてはOKです!

「オブジェクト」、「レコード」、「項目」はSalesforceの設定を何かしら触るときに必須の知識ですので、マニュアルを読むために必要でしょう。

図1.png


「参照項目」や「主従関係(親子関係)」といった考え方は、帳票のどこに何を表示したいかを設定(「マッピング」といいます)する時に必要です。
これらの知識がないと、設定画面に何が表現されているのかわからなくて何をどうしたらいいかわからなくなってしまうと思います。
本当は、わからなくても設定できる画面が理想なんですが...すみません...。

oproarts_sf_map.jpg

あるともっと良い知識は以下です。

  • ページレイアウトの変更方法
  • アクションボタンの作り方
  • JavaScriptを書ける
  • Visualforceを書ける


ページレイアウトとアクションについては、手順を知っているかどうかですのでなくても問題ありません。
ドキュメントやサポート記事をご覧いただければ大丈夫です。

JavaScriptとVisualforceの知識を持っている方は多くないと思いますので、こちらは「あると最高!」レベルのものです。
これらが書けると、ボタンクリック後にダイアログを出したり、処理分岐をさせたりなどの機能を付け加えることができますので、夢が広がります。

また、『ViewFramer』機能を使って設定する場合は、データローダを使ったことがあると理解がしやすいと思います。



帳票作成の手順

マニュアルでは、「デザイナーにログインして新規作成します・・・」というところから始まりますが、マニュアルには記載されていない準備があります。

まず、帳票作成をしようと思ったら以下を準備します。

  • レイアウトイメージ
  • マッピング仕様書
  • 帳票に表示するオブジェクト/項目
  • テストに使用するレコード

レイアウトイメージは、デザインするときに見ながら行うためのものです。
文言などがコピーできたほうが便利ですので、ExcelやWordがベターです。

「帳票に表示するオブジェクト/項目」は、帳票を作り始める前に作っておいてください。ないと設定ができませんので必ずです。また、API参照名や項目名は帳票設定前にFIXしておきましょう。五月雨式に変わってしまうとそのたびに仕様書の変更・設定の変更が発生して開発が進みません。どうしても変更しないといけない場合は、「今度こそ最後!」の精神で行うようにしましょう。
後で変えるかもだけどとりあえずこうしとこ...ってやるとまったく完成しないよ!
あるいはいったん帳票ができあがってから変更した方が混乱せずにすみます。

「テストに使用するレコード」は、先になくても問題はないのですが、帳票作成前にあったほうがイメージが沸くので個人的におすすめです。きちんとしたデータが入ったレコードと帳票マッピング画面を交互に眺めていると仕様書の間違いを見つけることもあります。

マッピング仕様書

マッピング仕様書は、レイアウトに対してSalesforceのどの項目を表示するのかを記したものです。
作る人の頭の中にあればよいのかもしれませんが、後々引き継いだり変更する時のために作っておいたほうが良いです。また、「あれ忘れてた」と手戻りを発生させないためにも、先に仕様書の作成をおすすめします。
弊社の帳票作成サービスではこちらのご提示を必ずお願いしています。

マッピング仕様書の形式はもちろん自由ですが、例えばこんな感じです。

Excelでレイアウトに対して番号を振って...

仕様書例1.png

番号に対して、どのオブジェクトのどの項目なのかを記載します。

仕様書例2.png

この時、参照関係の項目を使う場合は、参照先のどの項目なのかも明記しておくことで「どこから何をとってくるんだっけ?」というのが整理されますよ。
また、明細がある場合は子オブジェクトになると思いますので、こちらも分けて書いておくとベターです。

ボタンの場所、超重要

仕様書を書く時のポイントですが、ボタンを置くオブジェクトを起点として考えてください。

帳票設定はボタンを置くオブジェクトを起点として、そこから参照関係や子オブジェクトを辿ってデータを特定しています。
ですので、起点が決まらないと設定ができない、というのが理由の一つです。

また、ボタンの場所が決まっていないということは運用が決まっていないことになります。
運用によって帳票の作り方も変わってきます。ほぼ全部作ってしまったのにボタンの場所の想定が間違っていたから設計からやり直し、なんてこともありますので、運用イメージをしっかり持ってから取りかかりましょう。

例えば、詳細ページとリストビューどちらにボタンを置くのかによっても異なります。リストビューに置く(つまり複数一括出力)となったときに芋づる式にいろんな要望が出てきたりしますね。ボタンの場所は重要です。

詳細ページ=1件出力、リストビューページ=複数出力、が製品的には標準なのですが、中にはそうじゃないという運用もありますので、ボタンの場所ひいては運用がどうなるのかは事前に話し合いましょう!

ボタン場所.png

帳票作成に入る

レイアウトイメージと仕様書ができたら、いよいよ帳票を実際に設計していきます。

帳票作成のステップは大きく分けて以下の4ステップです。

  1. 帳票テンプレートの作成
  2. Salesforceとのマッピング
  3. 配備
  4. ボタンの作成

ステップ.png

各ステップの工数ですが、

まず①のテンプレート作成は、ものによる!!!
ごめんなさい!!

ただ、難易度(MAX☆5)でいうと、

  • ExcelまたはWord帳票  ☆1
  • PDF帳票         ☆3~5

ですかね。ExcelまたはWordはExcel/Wordファイル自体が帳票テンプレートになるので特別なデザイナの操作はありません。
しかしPDFは専用デザイナーでの作成になるので、難易度はあがります。当然、デザインが細かければ細かいほど時間がかかります。

②Salesforceとのマッピングは、使うマッピングツールによって異なります。OPROARTSには2つのマッピングツールがありまして、データ構造の難易度によって使い分けることになります。

難易度はこんな感じです。

  • Connector for Salesforce:☆2~3
  • ViewFramer:☆4~5

これらの違いについては別の記事かテックコラムをご覧いただければと思います。
工数としても、Connector for Salesforceであれば、仕様書通りにすすめば10分程度です。よく、あれ忘れたこれ忘れたと行ったり来たりするので本当に10分にはなりませんが...。

ViewFramerの場合は30分くらいですかね。
よく、あれ忘れたこれ忘れたと行ったり来たりするので本当に(略 あとどのくらいの項目数のビュー作っているかによって変わるので、30分は本当にすんなりいったときの時間です。

③配備は、1秒です。ボタンをワンクリックして終わりです。

④ボタンの作成は、さほど時間はかかりません。せいぜい5分といったところだと思います。



工数ってどれくらい?

で?と思われたと思います。すみません。
前述の通り、最も時間のかかる①は帳票の細かさによるので一概には言えませんが、
例として私の作業時間をざっくり言いますと、A4の一般的な見積書や請求書のようなものであれば微調整含めて数時間~半日ですべての工程ができます。もちろん、仕様がきっちり固まっていることが前提です。
なので、デモなどを依頼されたときは通常業務と平行なので、実作業3日くらいと予備日で工数を出していますね。もちろん、慣れた人間がこれなので、慣れていない場合は3日まるまる使うくらいの気持ちのほうが余裕があります。

また、思わぬことに躓いて進まなくなるのはあるあるなので、なるべく余裕をもって取りかかれるようにできるとベストです。なかなかそうはいかないんですけどね...。

サポート体制

「やる気はあるし自分でできそうだけど時間がない!」
「スキル持ってないかな...」

という方、弊社では『帳票作成サービス』のメニューがあります。
仕様書とレイアウトイメージをいただければ、帳票作成~ボタン作成まで弊社で代行して作成するサービスです。
例えば、作りたい帳票がいくつかあって、それらが似たレイアウトの場合は、1枚だけ弊社で作って他はコピーして自分で作られる方も多いですね。ぜひご活用ください。

また、弊社では無償のハンズオンセミナーを実施しています。実際のツールの使い方をハンズオンで実施していますので、
「触ってみたい」「自分で作らないといけない...!」、という方はこちらもご利用ください。

ハンズオンセミナー 一覧ページ

・・・ということで、参考になりましたでしょうか?

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます!

前へ

オプロ式リモートワークのススメ

次へ

大塚商会様のERPナビに現場入力アプリAppsMEが登録されました