オプロ式リモートワークのススメ

こんにちは!人事担当の丹羽です。
新型コロナウィルスの影響で、オプロも3月からリモートワーク(=在宅勤務)に切り替わりました。
緊急事態宣言が解除された今では、出社とリモートワークが半々くらいです。
コロナ前から社員の大半はノートPCで仕事をしており、リモートワークへの切替は
それほど環境を変えることなくスムーズに進みました。

telework_pic.jpg

リモートワークに対するオプロ社員の声を紹介します。

良かったこと

  • 通勤のストレスや時間的拘束が減った
  • 快適な環境で作業に集中できる
  • 家族と過ごす時間が増えた
  • 身だしなみ(服装や化粧など)が圧倒的に楽
  • 体調不良気味の時に気を張らなくていい

イマイチなこと

  • 通信環境に左右される
  • 作業がずるずると長引きがち
  • 新卒入社のため、最初は不安だった
  • Web会議用に部屋を片付ける必要がある(そして諦める)
  • 深刻な運動不足
  • 腰痛不可避

どれもリモートワークあるあるですね。
私自身リモートワークは初めての経験でしたが、家で仕事をすることに慣れておらず、最初はソワソワしました。
朝昼晩と家にいたので規則正しい生活ができるようになりました!...と宣言したかったのですが、
朝ギリギリに起きるようになったので逆に就寝時間が遅くなりました。笑

今後リモートワークがますます当たり前になっていくと思いますが、転換はそう簡単ではありません。
私達もリモートワーク導入に向けて相談を重ねた結果、オプロの新しいワークスタイルが始まりました。

オプロのリモートワーク

  • 週2日リモートワーク推奨
  • 時差出勤(日替わりで選択できます!)
    →7:00〜15:30、8:00〜16:30、9:00〜17:30、10:00〜18:30、11:00〜19:30、12:00〜20:30
  • 在宅勤務手当支給
    →光熱費や通信費の負担軽減が目的です。

検討事項は山ほどありましたが、まずは始めよう!ということでスタートしました。
(とりあえずやってみて、不備があったら後で変えていけばいいというオプロの文化です)

今後は、働き方の考え方そのものを変えていく時代になると思います。
オプロも時代に合わせて、社員ひとりひとりが最大限の力を発揮できるように
新しいワークスタイルを推進していければと思います。

それでは!

前へ

キンボウズさんにドキュトーンを試して頂きました

次へ

OPROARTSで帳票を作るにはどんなスキルが必要?