V-ONEクラウド連携!ソアスクで債権管理を実現


みなさん、ソアスクで債権管理が出来るようになりました~!
と、書くと機能追加したように見えますが、実はクラウド型入金消込システム"V-ONEクラウド"と連携が出来るようになったのです!

ちなみに・・・
ソアスクについて
ソアスクはオプロの提供する販売管理システムで、サブスクリプションビジネスで複雑になりがちな契約管理や請求管理をクラウド上で実現できるサービスです。見積~受注~売上~請求データを作るところまでがカバー範囲でしたが、入金消込や債権管理をご要望されるお客様の声が多かったため、今回の連携実現に至りました。
詳しくはこちら

V-ONEクラウドについて
入金消込・債権管理業務を自動化する独立型システム。手作業で行っていた入金消込の自動化、滞留状況の可視化、入金データの自動取得などが可能です。
詳しくはこちら

【概要イメージ図】

ソアスク_V-ONE連携図.png

ソアスクで作成した請求データとV-ONEクラウド側で取得した入金データが自動で照合できるようになりました。

少し流れを見ていきましょう!

案件の見積を作成します。

V-ONE連携見積.png

受注確定をし、受注データと納品(売上)データを作成します。

V-ONE連携受注納品.png

こちらは1年契約の毎月売上計上と仮定しているので、納品(売上)データは12か月分作成されます。

V-ONE連携納品.png

1ヶ月分の売上を締め、請求データを作成します。
納品(売上)データが請求済になっていることを確認します。

V-ONE連携納品データ請求済.png

納品(売上)リストから対象のレコードを選択し、"V-ONE連携"ボタンをクリックすると、データ連携が開始されます。

V-ONE連携納品リスト.png

【V-ONEクラウド側の画面】

V-ONE連携V-ONE側.png

こちらを確認すると、ちゃんと請求データが連携されていますね。

流れとしては以上です!ボタンを押すだけでV-ONEクラウドに請求データが連携されることが分かります。
このように連携することで、ソアスクのデータを元にV-ONEクラウド上で入金消込など債権管理を行っていただけます。

ちなみに、設定するためにはこちらをご参照ください。
設定作業: 【TECH COLUMN】V-ONEクラウドと連携した入金消込

前へ

非営利法人(NPO)向けライセンスはじめました

次へ

らくらくExcelに向いている帳票の形