【DocuSign】ワンクリックでkintoneから請求書を配信する方法


どうも、OPROのD3Worker担当島田です!


今回は「ワンクリックでkintoneから請求書をDocuSignに配信する方法」についてご紹介いたします。
皆さんは以下のような悩みを持ったことは無いでしょうか?

  • kintoneで請求データを保管しているけど、手作業で請求書を作るのが大変
  • 請求書を手作業でDocuSignに連携するのが面倒

この記事では上記のような悩みを解決するソリューションをご紹介します!



請求書をkintoneからDocuSignへ配信する方法

「ワンクリックでkintoneから請求書をDocuSignに配信する方法」をご紹介いたします。

ワンクリックで請求書の発行、そしてDocuSignへの配信を自動的に行うにはOPROARTSを利用します

OPROARTSを使ったDocuSignとの簡単な連携イメージをご紹介します。


kintone_docusign_image.jpg

上の連携イメージでは、kintone上のボタンを1回クリックするだけで、DocuSignへの配信を自動的に行ってくれます!



OPROARTSとは?

OPROARTSとは、ドキュメントの生成・配送を行ってくれる弊社(株式会社オプロ)のサービスです!

OPROARTSを利用することで、kintoneにあるデータを元に請求書等のドキュメントを生成したり、ドキュメントをDocuSignやその他クラウドサービスに連携することもできます!



より高度な連携も

DocuSignへ連携して終わり!でもいいのですが、例えば以下のようなことができればな、、というシーンはないでしょうか?

  • 複数のアプリからデータを取得するような複雑な帳票を使いたい
  • 署名のステータスをkintone上で管理したい
  • 控え/署名済みのドキュメントをkintone上でも保管したい

上記のような連携もOPROARTSで全て実現できます!



まとめ

OPROARTS × DocuSignを使うことで、契約業務にかかるコストを大幅に削減できます!



■トライアル・お問合せお待ちしております!

OPROARTSのトライアルはこちら
お問合せはこちら

前へ

OPROARTSとdocutizeってなにが違うの?

次へ

キンボウズさんにAppsMEを試して頂きました